『JOKER TRAP』キービジュアル撮影レポート vol.3 ~RAN役 小波津亜廉編~

4週にわたってお届けしている、キービジュアル撮影レポート。3回目となる今回登場するのは、RAN役の小波津亜廉さん。
撮影後にはインタビューも敢行しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

===================

小波津さん演じるRANの衣裳は、全身レザーのハードなデザイン。アクションなどに制限が出ないよう、細かいディテールに工夫が凝らされた作りになっています。
そんな衣裳に身を包みスタジオ入りした小波津さん。カメラの前に立つと、眼光鋭いRAN像がすでに出来上がっている様子。

早速シャッターが切られ始めると、次々とクールなポーズを決めていきます。
目力のあるクールな表情の数々に、スタッフからも感嘆の声が。


ご本人曰く「誰とでも仲良くなれるフランクな性格」とのことで、普段は明るく現場のムードメーカーな小波津さんですが、この日は終始RANモード。撮影の合間もピリッと緊張感が漂います。

RANのトレードマークでもあるハットを使ったこんなカットも。
フィッティングを重ねて小波津さんの体型ぴったりに作られたジャケットは、バックスタイルもとても綺麗なので、ぜひ劇場で実際に確かめてみてください。


セットチェンジをして、動きのあるカットの撮影へ。台の上から飛び降りて、空中でポーズを決めていきます。モニターを確認しては、微調整を重ねる根気のいる作業。

それでも、持ち前の運動神経でコツをすぐに掴んでいた小波津さん。このあと数カットを重ね、この日は撮影終了となりました。
本番でのアクションシーンにも通じるような躍動感のあるカットの数々は、グッズ等にも使用される予定ですので、お楽しみに。
この日の撮影の様子は、メイキングムービーでも見られますのでチェックしてみてくださいね。

 

■撮影終了後の小波津亜廉さんにインタビュー

——今回、「JOKER TRAP」に出演が決まったときの心境をお聞かせください。

小波津:まずビックリしましたし、もちろんとても嬉しかったです。前作の「マスカレイドミラージュ」を観劇させていただいた時、会場の熱気や、役者さん、スタッフさんの熱意をすごく感じました。今回、その熱意に自分が応えることができるのだろうか、という不安がすごくあったんです。でもその不安を感じたのは最初だけで、RANという役のことを知っていくことで、作品の世界観そのものにも引き込まれていったことをきっかけに、自分の中でカチッとスイッチが切り替わりました。次の瞬間には楽しみでワクワクして「よしやるぞ!」という気持ちにシフトしました。

——メイク、衣裳をつけての撮影をされた感想をお聞かせください。

小波津:スタートラインにちょうど今降り立ったような気がしています。これから稽古だったり、いろいろなことが始まっていくんだという感じがより高まりました。元々意気込んでいた気持ちが、さらにもう1段階、強くなったような気がします。

——公演にむけて、意気込みをお願いいたします。

小波津:3作目ということでお客様もかなり期待されていらっしゃると思います。その期待に応えられるように、内面からも外面からもできることをしっかりやって、作品に関するいろいろなことをイメージしながら、無駄のない時間を過ごしたいなと思います。
演じる役柄や、皆との関係性をガッチリ作っていきたいなと思いますので、そこに注目して観ていただきたいです。

(取材協力:アニメイトタイムズ)

===================

次回はCAMUS役・菊池修司さんのキービジュアル撮影レポートをお届けします。お楽しみに!

ただいまチケットのキャスト先行抽選販売を受付中!詳細は公式サイトをご覧ください。

◆JOKER TRAP公式サイト gs-jokertrap.com
◆劇団シャイニング ポータルサイト gekidan-shining.com
◆公式Twitter @gekidan_shining

『JOKER TRAP』キービジュアル撮影レポート vol.2 ~REN役 高本 学編~

 

4週にわたってお届け中のキービジュアル撮影レポート。2回目となる今回は、REN役・高本 学さんが登場!
撮影後に行ったインタビューも掲載していますので、最後までお見逃しなく。

===================

このビジュアル撮影のためにフィッティングを重ねて完成した、ヘアメイクと衣裳を身に着けた高本さん。ご本人曰く、「(髪が長い自分は)見慣れないです」とのことで、少し緊張気味ななか撮影がスタート。

カメラの前に立つと空気が一変。次々にポーズを決めていく高本さん。
手を添えたり、全身に動きをつけたりと、ラフなしぐさがすっかり様になっています。

「トリッキーハート」というコードネームを持つREN。高本さんの少し笑みを浮かべた表情には、どこか飄々として掴みどころのないRENらしい雰囲気が感じられました。
ダークトーンの背景にセットチェンジしたあとは、ターゲットを射抜くかのようなクールな表情のカットも。

RENのスーツは、赤いベルベットのジャケットに淡いピンク色のシャツ、ベストスタイルと、一見華やかなデザイン。

ジャケットの裏地には、ネクタイと同じオリジナルのテキスタイルを使用しています。コードネームにあわせたモチーフがあしらわれた柄は、4人それぞれの衣裳に使われていますので、ぜひ注目してみてください。
また、恒例となっている衣裳と同じ柄の布を使用したポーチは、今公演でもグッズとして登場予定ですので、お楽しみに。


少し休憩を挟んだあとは、動きのあるカットへ。素早く振り返ったり、台から飛び降りたりと、スタッフとディスカッションをしながらカットを重ね、この日は撮影終了となりました。

 

 

■撮影終了後の高本 学さんにインタビュー

——今回『JOKER TRAP』に出演が決まったときの心境をお聞かせください。

高本:素直にすごく嬉しかったです。「劇団シャイニング」というプロジェクト自体は知っていたので、その有名な作品に自分が出られることに感動しました。
人気がある作品だからこそ、皆さんの期待も大きいと思うので不安もありますが、その期待を裏切らないように4人で力を合わせて全力で頑張ります。また、逆に自分にとってチャンスだとも思っています。

——メイク、衣裳をつけての撮影をされた感想をお聞かせください。

高本:もう感無量です。豪華で綺麗な衣裳とセットで撮影させてもらって、自分がどんどん役に染まっていく感じがしました。撮影中も、自分が役に入っていく感覚がすごく楽しくて、ポージングも自然と出てくる感覚でした。
これから稽古を重ねて本番を迎えたときにこの衣裳をまた着られるのが、今から楽しみです。

——公演にむけて、意気込みをお願いいたします。

高本:これまで先輩たちが作り上げた作品と意思をしっかり受け継げるよう、僕らも力を尽くします。ご覧いただいた皆さんに、『JOKER TRAP』をすごくいい舞台だなって思ってもらえるように、4人で力を合わせて頑張っていきたいなと思います。
クールな役柄でありながら演じるのは若手キャスト、というのも魅力のひとつなのかなと考えていて、「一番熱かった」と言ってもらえるくらい、エネルギッシュな公演にできればと思います。演じる僕たちの熱量にも、ぜひ注目してください。

(取材協力:アニメイトタイムズ)

===================

次回はRAN役・小波津亜廉さんのキービジュアル撮影レポートをお届けします。お楽しみに!

ただいま銀河劇場チケットセンター先行抽選販売を受付中!お申込みは本日2月26日(月)23:59までとなっておりますので、お申込み忘れにご注意ください。
詳細は公式サイトをご覧ください。

◆JOKER TRAP公式サイト gs-jokertrap.com
◆劇団シャイニング ポータルサイト gekidan-shining.com
◆公式Twitter @gekidan_shining

『JOKER TRAP』キービジュアル撮影レポート vol.1 ~TOKI役 松村龍之介編~

 

先日公開された、舞台『JOKER TRAP』を象徴するキービジュアル。その撮影の様子を、本日より毎週月曜日・全4回にわたってレポートしていきます。
第1回目は、TOKI役・松村龍之介さんが登場! 撮影後にはインタビューにも答えていただきましたので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

===================

この日がTOKIのヘアメイク・衣裳を着けての初めての撮影でしたが、リラックスした様子でスタジオ入りした松村さん。
劇中でも着用するダブルスーツは、黒地に差し色の紫色が効いたクールなデザイン。スタイリッシュな衣裳の数々は、『天下無敵の忍び道』『マスカレイドミラージュ』に引き続き、衣裳デザイナーの西原梨恵さんのオリジナルデザインとなっています。

程なく撮影がスタート。次々とポーズを変え、スタッフの要望にも応えながらカットを重ねていきます。

撮影の合間には、スタッフと談笑したりおちゃめな表情を浮かべたり、すっかり現場のムードメーカーとなっていた松村さん。それが一転、撮影が始まるとTOKIらしいクールな表情に。

セットチェンジを挟んで、次は動きがあるカットの撮影へ。台の上から何度もジャンプして、空中でポーズを決めていきます。なかなかハードな撮影ですが、軽々とこなしていく松村さん。そのジャンプ力にはスタッフから歓声があがるほど!

撮影したカットはモニターでチェック。妥協をしない真剣な眼差しが印象的でした。

そのあとも背景を変えてさまざまな表情を撮影しました。完成したキービジュアルはぜひ公式サイトでご覧ください!

実は、年始早々に行われていた今回の撮影。撮影の前後の合間を縫って、サプライズで松村さんとREN役・高本学さんのお誕生日をお祝い!なごやかなムードに包まれた撮影となりました。

 

 

◆撮影終了後の松村龍之介さんにインタビュー

——『JOKER TRAP』に出演が決まったときの心境をお聞かせください。

松村:ものすごく嬉しかったです。元々この作品は知っていて、第1弾の『天下無敵の忍び道』が公演されると聞いた時には驚きました。小澤 廉さん(音也衛門役)や植田圭輔さん(翔ノ助役)が出演していて人気になるとは思っていたのですが、まさか自分がこの『JOKER TRAP』に出演することになるとは……。
先日第2弾の『マスカレイドミラージュ』を観させてもらった時は、自分も早く舞台に立ちたいという気持ちが強くなりましたね。

——メイク、衣裳をつけての撮影をされた感想をお聞かせください。

松村:TOKIの名前と衣裳をかりることを光栄に思いました。衣裳もそれを身に着けるTOKI自身も物凄くカッコいいので、これから役作りをしていく上でのイメージがより固まりました。衣裳を着ると気も引き締まりますし、「やってやろう!」という気持ちになりました。
また、忍者、貴族ときて、この『JOKER TRAP』では“ジャケット”姿がメインになります。ジャケットってやっぱり女性でも男性でも変わらず良いなって思ってもらえる衣裳じゃないですか。そんな僕たち4人のカッコイイ姿を見てもらえたらなって思います。

——公演にむけて、意気込みをお願いします。

松村:TOKI役を僕が演じる意味。僕だからこそ見せられるものをお客さんに伝えることは必ずやらなきゃいけない。観に来てくれた人を楽しませるのはもちろんですし、改めてこの作品を好きになってもらえるよう誠心誠意頑張ります。最後まで見届けてください!

(取材協力:アニメイトタイムズ)

==============================================

次回はREN役・高本 学さんのキービジュアル撮影レポートをお届けします。お楽しみに!

ただいまチケットの最速先行抽選販売を受付中!お申し込みは、本日2月19日(月)23:59まで。詳細は公式サイトをご覧ください。

◆JOKER TRAP公式サイト gs-jokertrap.com
◆劇団シャイニング ポータルサイト gekidan-shining.com
◆公式Twitter @gekidan_shining

劇団シャイニング 第3弾『JOKER TRAP』公演詳細発表!

劇団シャイニング 第3弾公演『JOKER TRAP』の本サイトが、本日オープン!
ビジュアル、キャスト、スタッフ、チケット販売スケジュールなどを公開しました。
物語の主人公であるTOKI、REN、RAN、CAMUSが佇むスタイリッシュなキービジュアルとなっています。

「劇団シャイニング from うたのプリンスさまっJOKER TRAP』」
 

キャスト
TOKI役 松村龍之介
REN役 高本 学
RAN役 小波津亜廉
CAMUS役 菊池修司

スタッフ
脚本・演出 毛利亘宏(少年社中)
音楽 Elements Garden
ほか

日程
東京公演
【日程】2018年4月19日(木)~4月30日(月・祝)全16公演
【劇場】天王洲 銀河劇場

大阪公演
【日程】2018年5月10日(木)~5月13日(日)全7公演
【劇場】梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

チケット
・プレミアム席:12,000円(パンフレット・非売品ブロマイド4枚つき)

・S席:8,800円(パンフレットつき)
・A席:6,800円
※全席指定/1回のお申込みでお一人様4枚まで
※パンフレット・非売品ブロマイドは会場ロビーにてお渡しします

最速先行抽選の受付(取り扱い:イープラス)は、明日2月6日(火)10:00~2月19日(月)23:59まで!
今後の先行販売のスケジュールや券種などの詳細は、公式サイトをご確認ください。

こちらのブログでは、『JOKER TRAP』公演の最新情報や撮影レポートなどを随時お届けしていく予定です。
公式Twitterとあわせて、ぜひチェックしてくださいね。

 

 

◆JOKER TRAP公式サイト gs-jokertrap.com
◆劇団シャイニング ポータルサイト gekidan-shining.com
◆公式Twitter @gekidan_shining

AGF2017「劇団シャイニング」ブース グッズご紹介!

明日からいよいよアニメイトガールズフェスティバル2017が開幕!
劇団シャイニングもブースを出展いたします。開催に先駆けて、ブースにて販売するグッズをご紹介! ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

 

とくに注目なのは、コトブキヤ様とのコラボレーションで実現した、サクライ先生のイラストのグッズたち。

■ラバーストラップコレクション 劇団シャイニング 1個600円
(AGF先行販売/ランダム1個封入/購入制限数 2BOX(24個)まで)
おなじみのラバーストラップ。公演ごとにチーム分けされたカラーリングが新鮮!

シーノ、レイジー、アインザッツ

音也衛門、真影、翔ノ助、セシル丸
TOKI、REN、RAN、CAMUS

細かい部分も倉花千夏先生のビジュアルに忠実に再現されているので……

RANさんの瞳の中にはちゃんと“クラブ”が!
劇団シャイニングならではのとっておきのデザインとなっています。こちらは、AGFでの販売のあと、一般発売も予定しています。

 

■ネックストラップ付チケットホルダー 各1,500円
(AGF限定・事後通販限定商品/購入制限数:各種2点まで)

公演ごとのデザインになっているチケットホルダー。
取り外し可能なストラップ部分にもイラストがちりばめられていてます。


チケットホルダー部分は、PVC素材でちょっとぷにぷにとした感触。
裏側は、共通デザインで黒の無地になっていて、チケットを入れられるクリアポケットがついています。

 

■ぎゅっ!とMy Dear☆クッション 各3,000円
(AGF限定・事後通販限定商品/購入制限数:各種2点まで)

こちらも公演ごとにデザイン違いのダイカットクッションです。

こちらは裏のデザイン。

作品をイメージしたモチーフがあしらわれています。綿素材のさらっとした肌触りとちょうどよい大きさ(縦約300mm×横約400mm)で、お昼寝にもぴったりです。

大きさが想像しづらい…という方のために、ミニ☆くまプリストラップで比較してみました。
これくらいです。

 

■My Dear☆ポーチ 各1,500円
(AGF限定・事後通販限定商品/購入制限数:各種2点まで)

ボールチェーンつきで、チャームにもできるポーチ。
イラスト部分は刺繍になっていてとっても素敵な仕上がりです!

ポーチ自体はタオル地のような素材で、やわらかな風合い。
上部にジップがついたデザインです。

裏は無地なので、缶バッジをつけてアレンジすることも可能。

大きさはこれくらい。
目薬やリップなど、こまごましたものを入れる小物入れにもおすすめです。

このほかにも、同じサクライ先生のイラストを使用したトレーディング缶バッジや、舞台「天下無敵の忍び道」の各種グッズなど、豊富なラインナップを揃えています。
購入特典もご用意しておりますので、詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

※ご紹介したグッズはすべて、「劇団シャイニング」ブース(WHITEエリア W-14)でのお取り扱いとなります。
コトブキヤ様ブース、うたの☆プリンスさまっ♪ブースでの販売はございませんので、お間違いのないようご注意ください。

また、当日はブース内にて、公演DVD&Blu-rayの予約も受付中!この機会にお早めにお申し込みください。

★公式サイト(「劇団シャイニング」ブース出展情報)はこちら→http://gekidan-shining.com/news/20170831_agf.php

AGF会場にて、皆様のご来場を心よりお待ちしております!